スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2泊3日ロンドンツアー

イースター休暇(4/11〜13)でロンドンに行ってきた。
昨年9月友人達と行った時、往路は改札口の機械故障で1時間以上待たされ、
復路はドーバー海峡を渡るユーロトンネルが火災になり、延泊することになる
というトラブル続きだったので、今回もトラブルが起きないかとヒヤヒヤだったけど
さいわい無事に行って帰ってこれた。

でもなんでロンドン行きを決行したのか、私も夫もすっかり忘れておぼえていない…
きっとビアを飲みながらのんびり電車の旅もいいね〜なんて話からロンドンに
なったんだと思うが。我が家にしてははじめての電車ツアーだ。


さすがはロンドン、天気はベルギーと同じくらいイマイチだけど町に活気があるある!
イースター休暇なんて関係なく、お店がオープンしているし、オシャレなお店が多い。
パリやロンドンにいたら、我が家の財政は私の浪費によって破産寸前だろうなーなんて
思ってしまうくらい誘惑物にあふれている。

すっかりベルギーの田舎でのほほん生活してしまったのか、都会の人ごみと
コンクリートの硬さが足にあわず、痛くて休憩ばかり。歩きたくても歩けない(涙)
かなりヘタレになってしまい悲しいワン。

前回かわいい洋服が買えたから、今回もゲット!と意気込んで行ったんだけど
なんせ横には買い物キライのオットがいるし、足は痛いしで、すっかり意気消沈して
結局紅茶くらいしか買いませんでした。トホホン…


でもライオンキングのミュージカル見れたし♪
英語が・・・理解できないところが多々あったから、日本でも見てみたい。


まるでヨコハマ?みたいなちゃんとした中華街がロンドンにもあるのですね。


美味しい中華とインド料理をたらふく食べれたし♪
ほ〜〜んとにどちらも本場の味付け。中にはビックリするくらい辛いものもあって
激辛好きのワタシも半泣きなったけど、超美味しかった。また食べに行きたいー!!

一軒だけすごい行列しているお店があって、ディナーの時はお腹がペコペコだったから
並ぶのが嫌で他のお店に入っちゃったけど、翌日気合入れてランチ一番乗りで入って
食べたらとっても美味しいお店でした。私達の隣の席、80歳は超えているであろう
ジャージにニット帽のおじいちゃんだったけど、ローストチキンをガッツリ食べて、
アラカルトの肉もペロリたいらげててビックリ。元気だなぁー


トイレの横の厨房のドアが開いていた・・・・
大量のブタ。キャーーーーッッ!!!
| 旅行記 イギリス | 15:24 | comments(2) | - | pookmark |
ロンドン1泊2日のつもりが…

ロンドン女子1泊2日の旅行の2日目。
朝から張り切って大英博物館に行く。
エントランスはこんな近代的だった?と思ったら近年こうなったらしい。
以前はお金を払ってみたロゼッタストーンがタダで見れるようになっていてビックリ。

アフタヌーンティ、ミュージカル、夜のビックベン、美術鑑賞とすべての予定を
こなし、買い物もしっかりして大満足。財布の中はスッカラカン財布

そろそろ時間だから帰るかーと駅に向かうと、なにか駅の様子がおかしい。
フランス語&英語の放送をよーーく聞いてると、どうも電車が動いていないと
いうことを言っている。詳細を聞くために駅のスタッフにたずねると
「ユーロトンネルが火災で…」と耳を疑りたくなることを言われる。

たしかに駅を見渡せば、チケットセンターやはたまたあきらめてホテルを探す
人たちでどこもかしこも大行列。電光掲示板はすべての電車に「cancel」と
表示されてる。こういうことがはじめての私はしばし放心状態。

その時のニュースがコレ(英語)


みんなでオロオロする中、「まずはホテルを手配しなくちゃ」と友人のひとりが
テキパキと指示してくれたおかげで昨晩泊まったホテルに宿泊することが出来た。
私達で満室になり、後から来る人はみんな断られてた。ギリギリセーフ!
次に翌日帰る手段。飛行機?でも高いよーといろいろ討論した結果、ユーロライン
いうバスで帰ろうということになった。格安でヨーロッパ、なんとロシアまでも
行ける長距離バスなのです。このバスの存在を知っててくれた友人に感謝。

そんなこんなでバタバタしたけど、ホテルもバスも手配できて一同ホッとする。
安心したら、今夜はどうするー?な話になり、またまた元気よく夜のロンドンを観光。

2階建てバスに乗り、行き着く先はロンドンブリッジ。
まさか見れないと思っていたから、喜び倍増上向き
どんな時でも楽しまなくちゃね。


翌朝はホテルの人に「See you again!」と冗談にならないジョークをいわれながら
ホテルを後にし、バス乗り場へ。この日もトンネル復旧の見通しナシ。どうやって
大陸へ渡るんだろうと思ったら・・・・

フェリーでした船
まさか船の旅まで出来るとは!(笑)

ロンドン旅行はハプニングだらけで思い出深い旅行となりました。
あぁ、楽しかった。
| 旅行記 イギリス | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
ロンドン1泊2日女子の旅(これも1ヶ月前)

もうすぐ帰ってしまうお友達と思い出を作ろうということになり、これも1ヶ月前の
話になるけど女子4人でイギリス旅に行ってきました。誕生日の翌日から1泊2日で出発。

旅行会社もビックリするような綿密な計画を事前から立て、いざ出発!!

が、まずはブリュッセル南駅で足止めをくらう。
ユーロスターが動いてない。UK入国はけっこう厳しいのだが、この日に限って
審査は簡単。1時間くらい待たされたのに、出発する時はすごくせかされて
トイレにも行かせてもらえなかった。

1時間遅れで、無事ロンドンについて観光開始。

以前来たのはもう10年以上昔のこと。
友人と同じ会社のUK駐在員を訪ねて遊びに行ったのが、私の初ヨーロッパ。
まさか自分も駐在するとは、その頃は夢にも思わなかった。

イヤイヤ、だいぶ変わりましたー。10年一昔とはよく言ったもんだ。
古いものはそれはそれで残しながら、どんどん進化を遂げていく町。
食べ物がマズイと思っていたけど、全然まずくないじゃん!


「まるで日本みたいだよ」といわれて聞いてるだけじゃよくわからなかったけど
行ってみたら言っている意味がわかった気がする。銀座、新宿界隈を歩いている
ような錯覚に陥る。流行の最先端を行き忙しく人が行き交う。
ベルギーにはない夜の賑わい。


イギリスと言ったら紅茶&アフタヌーンティでしょ!
ということで、THE BELKELEY HOTEL のPRÊT-À-PORTEAプレタポルテ
アフタヌーンティをいただく。


有名ファッションデザイナーのデザインをお菓子で表現。
シャネルバッグなんて食べるのがもったいないくらいラブリーハート大小
女性のココロをキュッと捕らえますな。しかもおかわり自由
ポールスミスの食器もオシャレ。



そして夜はミュージカル拍手
事前にちゃんとDVDで予習しただけあって、言葉がわからなくても楽しい。
小さい劇場だったけど、それだけに出演者の熱気が伝わってきていいですね。
まだまだ観たいミュージカルがあるから、いる間にまた行きたいなー


盛りだくさんのロンドン1泊2日旅行。最後はテムズ川対岸からのビックベン。
あっという間に時間が過ぎ、明日はもう帰るんだ〜と思って名残惜しくこの夜景を
見ていたのだが・・・・

次の日事件は起こったのだ。

つづく
| 旅行記 イギリス | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

* いくつになったの *

* 東京の天気 *

* 為替レート *

上田ハーロー

* Johnny's News *

* ようこそ *

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH