スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ポーランド食べ物、お買い物♪
物価がまだまだ安いポーランド。通貨はズウォティ(zloty)。
2012年にユーロ導入予定らしいので、それを機に一気に物価が高騰するかも。
観光も買い物も堪能するなら、今のうち!!

最近ベルギーでも流行り始めているポーランド食器。
ちかりんこちゃんが
「家の近くにお店がありました」
とナイスインフォをくれたので、さっそくお店へ

めまいがするほどの食器の数々。ウキャーッ
しかも値段見てビックリ。や、や、安い!!!
値札貼り間違えてんじゃないのって思うくらい。
ひさしぶりに買い物に萌えました。

かわいらしいりんごポット買いました。
一度はこれでりんご焼き作ってみたいな。


ぽってりとした厚みがあって、模様が素朴でかわいいんです。どことなく日本の有田焼をほうふつさせるような模様、それと平皿だけでなく丸みを帯びた皿が多く、和食に使いやすいのがいい。ベルギーでも手に入るけどお高め。ポーランドで買うと、安くてクラクラします(笑)


食べ物もとーーーっても美味しかったです。
ダリア家行きつけののお店を紹介してもらって大満喫。
ベルギーじゃ前菜で終わってしまう金額で、前菜+メイン+ワインが楽しめます。安ウマ♪で最高★


ランチで行ったお店のシェフの出身地、イタリア・トスカーナ地方の名物料理カシュッコ
金曜日しか食べれないお店の裏メニュー。いろんな魚をトマトソースで煮込んだもので、イタリア人のフェッフェもうなる美味しさ。ちかりんこちゃんのブログを見てずっと食べたいと思っていたんだよね。


ディナーで行ったポルトガル料理もサイコー。洋風のイカ飯(右)なんてはじめてー。
ポーランドでこんなにたくさん魚料理が食べれるとは意外や意外。残ったスープをパンにつけて必死に食べてしまった。

大胆なタコのオーブン焼きもエビのリゾットも、激ウマ。ポーランドにいるのか、ポルトガルにいるのかわかんなくなりそう。
写真撮り忘れたけど、ポルトガル名物の『グリーンワイン』という名の微発砲ワイン決して緑じゃないです。ベルギーでも売ってるかな、今度探してみようっと。


ちかりんこちゃんが隣のカップルを指して
「ポーランドのカップルは変わった座り方をするんですよ」って

確かにカップルを見たら、向かい合って座るんじゃなく、横に並んで座っているんです。まるで付き合いたての高校生ラブラブカップル@マックみたいな感じ。 キャンドル越しに手を握り合って愛を語らうのではなく、なにやらヒソヒソ隣同士でおしゃべり。世界不思議発見!!


また別の日に行ったバルカン料理のお店。
ドドーンと肉のかたまり出てきました。ニンニクたっぷり。みんなで食べれば臭くない!


ポーランド風餃子とジュレークという酸味の効いたスープ。ポーランド料理は日本人の口によくあう料理が多く、量は別問題としてかなり楽しめます。

食べて飲んでの3泊4日で、あっという間に体重増量。
思い出という名の肉がまた腹回りにつきました。
まぁ、仕方ないか〜と、現実逃避中

| 旅行記 ポーランド | 05:18 | comments(2) | - | pookmark |
地下の世界遺産 ヴィエリチカ岩塩坑

ワルシャワ到着の翌日、車で300キロ離れたクラクフに連れて行ってもらいました。
旧ポーランドの首都で歴史深い町。クラクフからほど近いところにあるヴィエリチカ岩塩坑。700年以上の歴史を誇る地底岩塩採掘坑で、世界遺産として登録されています。なんでも塩の効果で見学すると3歳若返るとか。楽しみ〜。

中はまるでアリの巣のように複雑にのびたまるで地下迷宮神殿。坑道の総距離は250キロにもなるけど、見学コースはそのほんの一部で2キロくらい。これでもけっこう疲れる。

当時の採掘の様子を再現した人形の展示、礼拝堂や彫刻がいくつも見ることが出来る。

なにがすごいって
人形も、彫刻も、シャンデリアまで、全部塩で出来ている!!

しかも、働いていた鉱夫たちの手作り!!!


塩で作った像。


岩塩坑にまつわる物語を再現した像。これも塩。


成長した7人の小人みたいで、微妙なリアルさがちょっと怖い・・・
特に右上の小人、、、幽霊だよ。

見学コースの床や壁が、ツルツルでまるで大理石みたい。
だけどこれも全部塩。壁をペロリなめてみたら、キツイしょっぱさだった。
ガイドに「床は汚いのでなめないでください」と言われた。
きっと今までにいろんな人がなめているんだろうけど、まぁこれも記念ってことで(笑)

最大の見どころは、地下101mにあるキンガ礼拝堂。

天井、床、祭壇、彫刻、すべてが塩。


クリスタルのシャンデリアのように見えるけど、ぜーーんぶ塩。


宮殿にいるのか、どこにいるのかわからなくなってしまう空間。


ローマ法王とマリア様。これも塩。


立体的に見える最後の晩餐。なんて細かい作業なんだ!!

どこもかしこも塩だけど、塩に見えないから不思議。
神秘的な世界にどっぷりつかった感じ。

お肌は若返ったかな?
ううーん、どうだろ。夜な夜な飲んでしゃべっていたからな…(言い訳)


赤いドアの向こうに乗車するのだが、7〜8人で寿司詰め状態になるエレベーター。
古いエレベーターなのに超高速で上昇するからスリル満点。

2時間くらいの見学コースだったけど、あっという間。
でも足が疲れたクタクタよー。最近運動不足のワタシ、翌日さっそく筋肉痛。


見学後はクラクフの町をササッと見学。




フラワーマーケットが立ち並び、広場に面したレストランは大賑わい。
夏って感じでいいね。


ポーランド美人発見。
民族衣装がとてもよくお似合い。かわいい人が多いよー。


クラクフに着いた夜、ポーランド料理のお店に連れて行ってもらいました。
ボリュームがあって、しかも安くてうまい!! 言うことナシ。

お通しで出てきたパテみたいなもの。右のラードにガーリックなどを練りこませてものがメチャウマ。ビバおデブ♪な味なんだけど、お酒のつまみにピッタリ。帰りにスーパーで瓶詰め買っちゃいました。


ポーランドの伝統的なスープ4種。寒い国だから温まるものが多いのかも。
お肉がジューシーでやわらかい〜。にんにくがたっぷり利いてるので食が進む進む。

食も観光も大満喫。
ワルシャワもクラクフも、観光地なんだけどパリみたいに人が多いわけでもないから、落ち着いてのんびりすることが出来る。それに物価が安くてビックリ。値札貼り間違えてる?!って何度も思ってしまった。ベルギーにいると、どこの国に行っても安く感じるけど、ポーランドはさらに安い。どれだけ高いんだ、ベルギー!!

| 旅行記 ポーランド | 12:43 | comments(4) | - | pookmark |
ビバ!! ワルシャワ滞在記
 
ワルシャワでお世話になったちかりんこちゃんは、私のOL時代の職場の後輩。
彼女のダンナ様フェッフェは常にポジティブで明るく楽しく、聡明なイタリア人。
奥様であるちかりんこちゃんは、今ではイタリア人もビックリなほどイタリア語が上手。
仲良しな2人から、ウェルカムプレゼントで、かわいい石けんいただきました。
フェッフェが一生懸命書いてくれた日本語がかわいい!! Grazie.


一緒になって数年経つにも関わらず、ダンナ様は未だにアモーレ・ちかりんこ過ぎて、
見てるこっちが困っちゃう!!ご両人熱いね、ピューピュー(古い?!)

今はイタリアからポーランドへ駐在。
お互いにコトブキ退社で会社をやめて、まさかヨーロッパの片隅で会うなんて
あの時は想像しなかったねぇ。

思い出話から世話話まで、寝てる以外はずっとしゃべりっ放しで、
あっという間に3泊4日が過ぎてしまいました。しゃべり過ぎて時差ぼけした感じがする…


しゃべりながらも、あちこち観光に連れて行ってもらいました。
ちかりんこの家はポーランドの首都ワルシャワから程近い住宅街。
ワルシャワは第二次世界大戦で徹底的に破壊されて、市街の90%以上が廃墟となったとか。


戦後、市民によって町並みを「壁のひび一本に至るまで」忠実に再現している。
今ではキレイな街並みで、戦争があったことなんてまったく想像できない。
ベルギーみたいにボコボコ道路じゃないから歩きやすい。
まるで東京都心部を歩いているかのようだ。


飛行機事故で亡くなったカチンスキ大統領への献花がまだたくさんされていました。


そうそう初フライトだった愛息モモ。
親の心配子知らずでまったく大丈夫でした。飛行機の爆音にビビッてるっていうか、
ふてくされて身動きひとつナシ。これで次回から飛行機で旅行に連れて行ける!!


でも到着してから、あちらのポメ&チムにやられっぱなし。
上手に距離感が取れないらしく、困り果てるモモと吠えるポメチム。


ポメに興味を持ちつつも、仲良くすることが出来ない。

だからなのか、ポメの座布団に八つ当たりのマウンティングばかり・・・
オスのポメにも同じことしようとするから、フェッフェから「」と
言われちゃいました。まったく困ったもんだ。


最後のほうは、だいぶ慣れてきてちょうどいい距離感で過ごせるようになったみたい。
ポメチムの強い絆の中に、新参者のモモが入っていくのは過酷だったのかもね。

おしゃべりばかりで、写真がいつもに比べて圧倒的に少ないけど次回へ続く。
ポーランド、ゴハンがうまいぜよ〜。
| 旅行記 ポーランド | 20:55 | comments(4) | - | pookmark |
リベンジ!! ポーランド旅行
アイスランドの噴火で行けなかったポーランド旅行。
約3ヶ月がたち、やっとリベンジ!!


今回はモモも一緒に連れて行くんだけど、どうなることやら。
モモにとっては初フライト。

キャリーに入る練習からしたんだけど、成果はいかに?!

ヨーロッパEU圏内なら、7キロ以内の犬なら片道30ユーロで乗車可能。
どこまで犬に寛大なのー!!

頭までスッポリ隠れるキャリーに入れれば、足元に置いておくことが出来る。
足元から「きゃひ〜ん」って聞こえてきたらどうしよう?!
頼むからエンジン音で消えてくれ。

今回は何事もなく、無事フライト出来ますように。

そしてポーランドでお世話なるダリア家は、ポメラニアンが2匹いるから
すごいにぎやかになりそうな予感。お世話になりますー♪


頑張るワン。
| 旅行記 ポーランド | 15:39 | comments(2) | - | pookmark |
アイスランドの噴火で旅行に行けない(涙)
楽しみにしてたポーランド旅行が
突然キャンセルになってしまった

なぜならば、アイスランドの火山が噴火したから!!
ありえないっつーの

その影響でヨーロッパの主要空港が閉鎖されるという大変な事態になってしまった。
さっきまで順調なフライトを表示してたのに、ほぼすべてキャンセル〜〜!!

空港でチェックインはいつになくスムーズ。これはいい旅行の始まりだー♪とウキウキしながら、中で軽食をとる。ボーディングタイムになり搭乗ゲートに近づくにつれ、アレ?なんだか様子がおかしい。ゲートに人がいない。戻ってみると、入口付近にドヤドヤたくさんの人。他方面に行く人達だと思ったら、係員に問合せを してる人だかりだった。

ボルケーノ、アイスランド、、、の言葉は聞こえるが、ハテなんのことやら。よく聞いてみるとアイスランドの火山噴火の煙で飛行機が飛べないといっている。でもベルギーの天気はいつになく快晴。後でわかった話だけど、火山灰が風に乗ってヨーロッパ北部へ移動。火山灰の成分が飛行機のエンジン部分に支障をきたすらしい。

金曜日午後には飛べると言われたが自然現象だからなんともいえない。しかもワルシャワ行きの飛行機が満席で飛べるのは土曜日の午後とのこと(これも確定ではない)でも日曜日にはベルギーに戻ってこないといけないから、もう絶対ムリ。

噴火も、空港封鎖も、ありえない事態の連続。
なぜ私の旅行に合わせて噴火なんかするんだ!!


友人の旦那さんの誕生日を祝うために、プレゼント買ってたのにな。
あれこれ計画してたのに残念でならない。
お土産に買った上げ底じゃない3段重ねのチョコがーーー(涙)
(私の腹におさまっていってます)また次回買うからね。





空港でキャンセルの手続きをしてると、続々とメディアが到着し撮影やインタビューをしている。


帰宅後、テレビをつけたら小さくオットが映っていました。最近、旅行運はツイてないけど、なぜかメディアに出る機会が多い今日この頃。


しかし、まぁホントに旅行運がついてないよー。特に飛行機運。


ユーロ トンネル炎上(2008) 
悲惨な年末(2008) 
ユーロスターの悲劇往路 編(2009)
   〃      復路編(2009) 
   〃      復路編part2(2009)

ユーロトンネルが炎上して帰れなくなったり、雪の影響でユーロスターが止まって帰れなくなったり、 アイスランド・イギリス関連で旅行がハプニングだらけ。やっぱりこの2つの国は大嫌いじゃー。飛行機に乗るとロクなことが起きないので今年の旅行はなるべく車で移動します。

またポーランド行計画立てなくちゃ。このままじゃ気持ちが治まらないよ。


なんで今日、ベルギーにいるんだろう・・・・



喜んでいるのは、モモだけ。
半日ペットホテルに行って小汚い犬になって帰ってきました。洗ってやる!!
| 旅行記 ポーランド | 09:17 | comments(18) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

* いくつになったの *

* 東京の天気 *

* 為替レート *

上田ハーロー

* Johnny's News *

* ようこそ *

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH