スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
アドリア海の真珠ドヴロブニク

「すごくキレイだよー」「ぜひ行くべし!!」と誰もが太鼓判を押してオススメする都市ドヴロブニク。日本の友人からガイドを送ってもらうこと早2年、やっと行くことが出来ました。


今でこそ平和そのものだけど、地震や戦争の被害を受け一時は「危機にさらされている世界遺産リスト」に載るほどだったのだ。その後精力的な回復で今ではどこがどう修復されたのかわからない。

旧市街全体が城壁に囲まれていている。全長約2キロの城壁の上の遊歩道を歩いてみる。


「紅の豚」はアドリア海が舞台になったといわれている。


魔女の宅急便でキキが訪れた港町のモデルはここかもしれない?!


たしかに似てるかも・・・


ミンチェタ要塞から見る旧市街。オレンジ色の屋根と青い海のコントラストが美しい。ここからの景色を見るために全長2キロのコースを歩きました。入口のすぐ左側にある要塞なのだけど、一方通行だから行けず、2キロ歩く羽目に・・・。他の入口がきっとあったはず。

炎天下の中のお散歩はけっこうハードでした。オットに荷物を持ってもらったり、後ろから押してもらったりしながらだったけどいい運動になりました。妊婦といえども運動しないと!!


歩き疲れたら部屋に戻って少し昼寝をして、また夕方になったら街中に繰り出す。どこからともなく観光客がウヨウヨ出てくる。みんな昼間は部屋でじっとしているんでしょうね。


私の大好きな食べものたち。暑さに負けちゃいけないと思ってつねにパクパク食べていました。海沿いだからシーフードが美味しい。もちろん肉料理も美味しいし、なにより安い。ペロペロなめる程度だけど、ワインたしなんでました。だって食事にあうんですものーーー。


いつかまた来れたらいいなー♪
ベルギーに帰国後、疲労度MAXで1週間グッタリ。
ブログ書いた今となっては、もうかなり身体が重たいので
7月末に旅行しておいてよかったと思う。
| 旅行記 クロアチア | 03:54 | comments(2) | - | pookmark |
スプリットからドゥブロブニクへ
今回の旅行はすごくラッキーで、ワーゲンのポロクラスの車をレンタルしようとしてたのに空港で渡されたのはアウディA4のセダン。こんないい車、我が家では絶対に借りないし借りれない。やっぱり長距離旅行はいい車だと疲れ方が違います。


スプリットからドゥブロブニクまでは約300キロほど。普通なら3時間もあれば到着するんだけど、ググッてみると5時間はかかる。しかもフェリーにまで乗らされる!!(実際は乗らない)まだ高速道路が完成しておらず、途中からひたすら下道しか交通手段がないのだ。次回来る時は(あるかな?)もっとアクセスがよくなっていることでしょう。

どこかに似てると思ったら、私の実家近辺の景色だ★ ←一応Tokyo


途中ボスニア・ヘルツェゴビナを通過。しっかりは見られないけど国が変わるからパスポートが必要。20年前の戦争の影響が根深く残っているのを感じる。でもせめて国がつながっていたらよかったのにな。

メディアを騒がせていた時はすごい遠い国で起こっていることのように感じていたのに、そこを自分が通過してるのは不思議な気分。でもここは戦争の面影はまったくない。


この大橋を超えると、ドゥブロブニクへ到着。


部屋はアパートメントホテル。これぞまさにオーシャンビュー♪

2日目にボイラーが故障してお湯が使えなくなるが、それ以外はなかなかいい部屋。7月はあまりお風呂運に恵まれなかった気がする・・・

続く


| 旅行記 クロアチア | 02:32 | comments(0) | - | pookmark |
アドリア海の港町スプリット

次に向かったのはアドリア海最大の港町スプリット。
いや〜、暑い暑い。午前中からギラギラの太陽。

ベルギーの涼しさに慣れてしまい、体温調整がまったく出来ずクラクラと貧血状態。昼間はあまりにも暑いので、観光客ですらあまり出歩いていません。夕方5時過ぎからみんな活動開始。私達も昼間は部屋でのんびりしてました。


ローマ皇帝ディオクレティアヌスの宮殿がそのまま旧市街になり、街全体が世界遺産になっている。城壁に囲まれ、大聖堂を中心に街が作られている。


古代と中世が入り混じった不思議な街。


大聖堂の前には当時の騎士の格好をした人が立っていました。一緒に撮影したい方はチップが必要!大聖堂の中に入ろうとしたら、ノースリーブだったので入れませんでした。しかも写真撮影禁止。けっこう厳しいみたい。


あまりの暑さに1日2回はアイス食べてました。種類豊富で美味しいのですーー♪


ベルギーにはない青空、青い海、そして太陽。
どうしてもガツガツ観光したくなるけど、海を見ながらボーッとするのもいいなって思いました。

| 旅行記 クロアチア | 00:30 | comments(0) | - | pookmark |
プリトヴィッツェ国立公園
今夏のバカンスはクロアチア。
イタリアの対岸といえばわかりやすいかな。

クロアチアは1990年代になってユーゴスラヴィアから独立した国。
わずか20年前まで戦争していた国なのだ。下道を走っていると家の壁じゅう穴があいている家が何軒もある。よく見ると模様ではなく銃で撃たれた跡なのだ。激しい銃撃戦があったことがうかがえる。


一時、国立公園は「危機にさらされている世界遺産リスト」に登録されたが、
現在は美しい姿を取り戻し、リストからも除外された。

さっそくハイキング開始。


湖と同じ色のトンボが飛んでいた。


吸い込まれそうなほど透き通っている水。
泳ぎたくなるけどもちろん遊泳禁止。看板があちこち立ってました。










湖の色を「バスクリンみたいな色だね」というオット
たしかにその比喩はわかるけど、ちょっと貧相だねぇ・・・
ガイドには「ミルクブルーの湖」とステキな表現が使われてました。なるほど

気づいたら4時間以上歩いて、かなりいい運動になりました。
でも景色がキレイだし、歩きやすい道だからあっという間でした。

| 旅行記 クロアチア | 23:56 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

* いくつになったの *

* 東京の天気 *

* 為替レート *

上田ハーロー

* Johnny's News *

* ようこそ *

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH