<< ヨーロッパ3大名峰ツアー スイス・マッターホルン編 | main | モモ初めてのお泊り旅行 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
3大名峰ツアー スイス・ユングフラウヨッホ編

やっと最終章まで来たーーー
ベルギーに帰ってきてから天気がよく、ブログ更新をおさぼりしていたら
あっという間に2週間経ってしまった。


マッターホルンにサヨナラして、また車で次の目的地ユングフラウへ移動。
山間部を通って車で行くことも出来るけど、電車に車を積んで移動しました。多分こっちのほうが近道。ながーい貨物列車に順々に車を乗り入れて、人もそのまま車中で移動するのです。車なんだけどガッタンゴットン電車だから、なんか変な感じ(笑)



私の中でスイス一番のオススメはここユングフラウ。
ドイツ語で「若い娘」という意味のユングフラウ(4,158m)、険しい北壁のアイガー(3,970m)、「牧師」という意味のメンヒ(4,099m)の有名三山が連なり、アルプス観光の有名地である。

まるでハイジに出てくるようなかわいい町で(ちなみにハイジの故郷はマインフェルトと別の場所)高い山のふもとに赤いベコニアが飾ってあるかわいいお家が点在しているのだ。「ペーター♪」ってハイジの陽気な声が聞こえてきそうな感じがする。


晴れたスイスの空に、色とりどりの花がとてもよく映えます。
我が家のテラスもこんな風にしたいーーといつも思うが殺風景なまんま。


3年ほど前にも来たことがあるが、その時はあいにくの空模様。だから今回こそは晴れてくれーーと念力送ったらバッチリ晴れてくれた。


目指すはユングフラウが見えるスフィンクス展望台。
標高3,454m、ヨーロッパで最も標高の高い鉄道駅がユングフラウヨッホです。
富士山と同じくらいの高さのところにある駅、、、と考えるとスゴイってことがわかりますよね。展望台のほかに氷の宮殿やレストランなど標高を忘れてしまうくらいなんでもあります。



アイガー北壁駅から撮った写真(↑&↓)

アイガーの岸壁をくりぬいてトンネルを造ろうと言って、展望台も造ってしまったスイス人のやる気と根性は恐れ多いです。こんな高さの氷河の中、トンネル造ろうなんて考えつかない。しかも開通したのが日本で言うならば大正時代ってのが驚き。
でも標高も高けりゃ、電車賃もハンパなく高いです。えぇ、ビックリします。

スフィンクス展望台から見た風景

ユングフラウヨッホ Jungfrau4158m

ユングフラウヨッホの左隣 メンヒ Monch4099m

シュレックホルン Schreckhorn4078m
アイガー Eiger3970m

全長23kmのヨーロッパ最長の氷河、アレッチ氷河

天気に恵まれたので本当によく見えましたが、、、、
日焼け止め対策の一環サングラスも忘れたので、きつかったーー


ハイキングスタート地点


さすがに最終日に近づくにつれ、心身ともにお疲れ状態
クライネ・シャイデック駅から下界まで歩くつもりだったけど、1時間半くらい歩いたところで断念して、パラソルの下へ吸い込まれるように入って、いつのまにかビールをオーダーしてました。帰りは危ないのでもちろん電車で帰りましたよ(笑)


ユングフラウもなだらかなハイキングコースが多いので、マウンテンバイクで下山する人も多い。ヨーロッパ人はみんな自転車が好きで、アウトドアに行く時はいつも車に積んで持っていく。


またいつか来る機会があったらユングフラウを中心に長期滞在したいなと思う。
スイス=チーズフォンデュなイメージなのに、フォンデュシノワ(中国風西洋しゃぶしゃぶ)に手をつけたため結局食べませんでした。



海で過ごすバカンスもいいけど、山は健康的でいいなと思いました。
日本人の登山者が「年齢は足からくる」と歩きながら力説しておりました。
まったくそのとおりです。今からヨタヨタ歩いているようじゃ将来が心配に
なってしまう。日々運動が大切ですね。

あっ、それと今回のスイス旅行で感じたこと。
3年前来た時は山も高けりゃ物価も高いと思って、レストランでついてる値段にビックリしてばかりだったけど、今回はあまり高く感じられませんでした。きっとそれだけベルギーの物価が高いってことでしょうね。自分の中の貨幣価値がだいぶ変わってきたなと実感しちゃいました。

バカンス日記[完]
| 旅行記 スイス | 05:22 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 05:22 | - | - | pookmark |
コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
| これが履歴書の書き方 | 2013/11/04 10:28 AM |
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

* いくつになったの *

* 東京の天気 *

* 為替レート *

上田ハーロー

* Johnny's News *

* ようこそ *

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH